aoi_tomoyuki's blog

その時書きたかったこと書いてます。

増田の「ワナビの中で一人称視点の評価が異常に低いのはなぜか」考察

anond.hatelabo.jp


 ブコメでは少し書き足りなかったので、仕事中暇つぶしがてら色々と考えてみた。
 以下、何も調べずに書いたので根拠はない。脳内文章。

基本

 一人称小説ってのは小説の登場人物(人間とは限らない)の主観によって語られる。出来ること出来ないことメリットデメリットあるのだけど、だいたい以下の様な感じだと思う。

メリット

  • 基本的に小説の最後まで同一の語り手(必ずしも語り手=主人公ではない)の視点で進むため、感情移入しやすい。
  • 語り手が変わらないから物語の理解がしやすい。
  • 語り手の言葉で進むから文章が個性的になりやすく、ハマると文章を読んでいるだけで面白い。
  • 初心者が書きやすい(ここが問題点)

 

デメリット

  • 語り手が個性や文体が痛すぎると読んでえもらえないことがある。
  • 語り手の知らないことは書けない。
  • 語り手が体験したこと以外は伝聞になるので、即時性が薄れ緊張感がなくなる。(友人が殺人犯に襲われた話書く場合、一人称なら事後に伝聞形式で書かなくちゃいけない。友人本人から聞く場合は友人が死亡する結末はあり得ない。三人称なら友人の視点で殺人犯に襲われるシーンを直で書ける)
  • 基本的に語り手が変わらないから、複雑な構成の物語は作りにくい。

初心者が書きやすい理由

メリットのところに初心者が書きやすいと書いたのは、こんな感じの理由から。

  • 構成の複雑化を防ぐことが出来る。(時間軸が前後しまくったり、登場人物が入り乱れたりして理解不能になる危険が減る)
  • 作者に近い語り手を設定することで、作者は自分自身の一人称で物語を進められる。(初心者の一人称小説はだいたいこれ。だから書きやすい)


 自分自身の実感としては、一人称の難易度は三人称に比べて難易度が高いんじゃないかと思っている。一人称小説を書く場合、セリフ以外の文章、言葉、単語はすべて語り手の言葉でなきゃいけない。もちろん、考えているのは作者だから作者の言葉なのだけど、語り手のフィルターを通さなきゃいけない。作者の素の言葉を垂れ流してるようじゃダメだ。一度立ち止まって、本当に語り手の言葉なのか、じっくりコトコト考える必要がある。


 例えば、”僕が空を見上げるとソフトクリームのような雲があった。”っていうつまらない文章があったとする。ここで考えなくちゃいけないのは、語り手である「僕」が空を見上げた場合、本当にソフトクリームなんて表現をすんの? もっと別の、色、形、質感、味、におい、音なんかを使って表現しないの? そもそも空を見上げた時にマジで雲に注目すんの? 太陽や空の青さや鳥なんかに注目しねーの? なんてことを考える。語り手のフィルターを通す。このフィルター通しを全ての文章にやる。これが一人称小説を書くことなんじゃあないかと思うわけですよ。(私小説とか知らない)


 で、そろそろ結論らしきものを書く。


 なぜワナビの中で一人称視点の評価が異常に低いのはなぜか。それは、語り手のフィルターを通す作業ができていないから。小説内のキャラを語り手にせず、作者と同等のメンタリティを持った作者の分身を語り手(主人公)にし、作者の思想信念心情が前面に出ているから。そういう気持ち悪い小説だから。




 あと、このブコメには反対かな。

ワナビの中で一人称視点の評価が異常に低いのはなぜか

一人称だと語り手の体験しか書けないからどうしても出せる情報量が少なくなる。ハルヒや俺ガイルみたいに語り口そのもので読ませるという意図がないのなら、一人称を選ぶメリットはあまりない。

2016/08/03 10:18


 一人称は特殊な文体、語り口を表現するためのツールではないんじゃないかと思う。もちろん、そういう個性的な文体で面白い小説が多いのも事実だけど、一人称小説ってのは、語り手が見た世界を、語り手の言葉で表現するための手法じゃないかな。一人称で書かれた小説は読者と語り手の距離がぐんっと近くなり親近感をいだきやすくなる。小説世界により浸ることが出来る。少女の一人称のできの良い青春小説とか読んだらきっと胸がキュンキュンしちゃう。だから、語り手に強烈な個性も文体も必須じゃないと思うんだよね。個性的な文体でなければ書く意味が無いというのは違うと思う。

水素水は怪しいけれど、エロい人妻が水素水を売りに来たら断れるのか

 ボクは専門家でもないので、実際の水素水の効果なんて分かりゃしないけれど、ぺらぺらな人生経験に照らし合わせてみると、よくあるマユツバの健康食品じゃないかなあと思ってる。まあ、ちょっと割高な水ってだけなので、近寄らなければ無害なんだろうねえ。だから、店で水素水を見つけても絶対に買わないし、試飲してみませんか呼び止められても応じることはない。


 だけど、ちょっと待って欲しい。もし、ものすごいエロそうな人妻が、水素水を買ってくれませんかと訪問してきたとしたら、はたして水素水に関わらずにいられるんだろうか。


 たとえば日曜日の昼下がりに、三十ぐらいのむっちりとしたエロそうな、こんな感じの人妻が、

f:id:aoi_tomoyuki:20160516004353p:plain
(ちょっと若いけど。まな板ファックってなんだよ)

f:id:aoi_tomoyuki:20160516075646p:plain
(イメージに近いけどちょっとムチムチ感が足りない)



「あのぉ……この水素水買っていただけませんか?」

f:id:aoi_tomoyuki:20160516004647p:plain

 って言ってきたらどうだろう。優秀な営業が見ていたら、助走をつけて殴りかかるレベルのクソセールスだけれど、そのエロい人妻はそれで十分なんだと思う。だってエロいから。世の中の色々なことはエロければ許されるんだ。


「水素水なんていりません」


 当然、水素水なんて胡散臭いものはいらないわけだから断るのだけれど、スケベそうな人妻はそんなものじゃ動じない。スケベな人妻はしつこいんだ。想像だけど。


「とっても健康にいいんですよ。ねぇ、買ってくれませんか?」
 
 エロ人妻は女の媚びるように、やたらと馴れ馴れしかったりして、モテない男なんかは無理やり追い出すことができない。

「健康だけじゃなくて、とっても美味しいんですよ」


 そんなこと言って、いきなり人妻は伊藤園の水素水のペットボトルの蓋を開けるんだ。上を向いて口を大きく開けて、スケベ舌をだらしなく口の外へ出してる。なんというか、今にも太くて硬い棒を舐め始めそうな、そんな卑猥な顔なんだ。

 
 で、水素水の缶に口をつけて飲むわけではなく、人妻は口の少し上で缶を少しづつ傾ける。水素水がスケベ舌にじょぼじょぼと流れ落ち、水は口内に入ることなく、あごを伝い、首筋、鎖骨、そして、ブラウスを濡れさせるんだ。そうすると、ブラウスの染みはどんどん広がって、その下にあるムチムチではちきれそうな胸と童貞を殺す下着が浮かび上がってくる。


 こうなったら、もうどうにもできない。エロを見るしかない。だって、目の前にエロいものがあったら見るもの。それ以外の選択肢はない。それが男ってものだ。
 
「ふぅ、美味しい。一口いかがですか?」


 人妻は伊藤園の水素水を差し出してくるんだけど、スケスケの胸にばかり気を取られて、もはや水素水どころじゃない。おっぱいを浮かび上がらせた水素水は偉いけど、水素水なんてどうでもいい。


「水素水飲むと元気になりますよ」

 ぐいっとおっぱいが近づいてくる。

「ほら、ここも元気に」

 エロ人妻はガッチガチになった股間に手を伸ばしてくるんだ。エロいから。

「すごい元気ですね。水素水を飲めば、すぐに二回も三回もできるようになるんですよ」


 水素水にそんな効果があるのかどうかなんて知らないけれど、水素水を買ったら二回も三回もこのエロ人妻がしてくれるんじゃないかって期待が膨らむわけだ。そりゃこんなことをされれば、期待もあそこも膨らむ。当然膨らむ。


「ねえ、買っていただけませんか?」


 しっとりと濡れた胸を押しつけ、熱い吐息を耳元に吹きかけてきた。
 もうここまでくると、水素水を買ってくれなのか、アタシを買ってくれなのかわからなくなって、

「買います。買わせてくださいっ!」


 当然こうなってしまう。だって、水素水の値段なんてたかが知れてるから。多少上乗せしてても関係ないよね。エロには勝てないから。エロは正義だから。




 だけど、まあ、水素水を売るエロ人妻なんていないだろうなあ。かなしいなあ。
 世の中つまんないね。

【夏休み特別企画】納涼フェスティバル参加 3つ目

novelcluster.hatenablog.jp

 参加。3つ目。1日でガバっと書いた。3つとも違った感じの話になったと思う。

空を飛ぶ

 M君が高校時代の話。部活の朝練があったため、その日はいつもよりも一時間以上早く家を出ていた。朝の気持ちのよい空気を吸い込みながら、M君は自転車を快調に飛ばしていた。
 片道二車線の国道に出る。早朝から多くの車が行き交っていた。国道を横断するため、M君は信号のある交差点まで進んでいった。
 ちょうど赤信号だった。歩行者用信号のすぐそばで老人が待っている。M君が隣に自転車を止めると、老人が微笑みながら会釈をしてきた。とても優しそうな人だった。
 M君が車の流れを眺めながら信号を待っていると、老人が手に持った懐中時計を確認した。
「そろそろか」
 時計を見ながら老人はつぶやいた。なにがそろそろなのだろう。信号だろうか。M君が疑問に思っていると、自転車の横をなにが通り抜けた。
 体操服を着た小学生の男の子だった。男の子は競争しているような速度で国道の中へ突っこんでいく。
 M君は反応できなかった。動けなかった。声も出なかった。
 男の子が横断歩道の白いラインを一つ、二つ、三つ、と超えていったところに、大型トラックが!
 男の子は空高く跳ね飛ばされた。蹴り上げられたサッカーボールのようだった。どんどん小さくなる。体操選手よりも激しく回転している。
 数十メートル先の道路に落ちた。すぐにその上を車が通る。が、通りすぎた後に、男の子の身体がなかった。消え失せていた。衣服や靴も、血の跡も、なんの痕跡も見えない。
 隣で老人が、ほぉと関心したような声をあげた。
「今日はよく飛んだ」
「今日は?」
 反射的にM君は聞き返した。
「昨日は軽だった。あの辺りまでしか飛ばんかったよ」
 道を教えるように、老人は十メートルほど先にある標識を指さした。
「その前は観光バスだったが、角度が悪かった……」
 老人は残念そうに言った。M君は言葉の意味が飲み込めなかった。状況がまるで理解できていなかった。
 信号が変わった。
 M君は呆然として動けない。老人は信号を渡らずに反対方向へ歩いていった。去り際、
「車に気をつけてな」
 と言って肉親のような優しい笑みを浮かべていた。

【夏休み特別企画】納涼フェスティバル参加 2つ目

novelcluster.hatenablog.jp

 参加。2つ目。こっちはがんばって書いた。
 

シミ

 木村さんは電車通勤をしている。駅から地下道を通って会社へ向かうのだが、その途中の壁に奇妙なシミがある。シミは人間の身長ほどの大きさで、コーヒーをぶちまけたような色をしていた。木村さんの記憶が確かならば、少なくとも十年以上前から存在している。
 木村さんには、シミが両腕を広げた人間のように見えていた。もちろん目の錯覚だということは分かっている。しかし、毎日毎日、シミの横を通っていると、たまに、人の気配のような、言葉に出来ない『何か』を感じる時があるのだという。

 その日は朝から激しく雨が降っていた。地下道には朝の通勤時間でも数えるほどしか人が歩いていなかった。
 木村さんがあくびをかみ殺しながら歩いていると、例のシミの前に人が立っていた。若い女だった。大学生ぐらいだろうか。全体的に地味な雰囲気で、黒縁のメガネをかけていた。
 女はうつむいてスマートフォンを操作している。
 なぜあんな所に立っているのか。気になって、木村さんが歩く速度を緩めると、突然、女の手元が発光した。そして、カシャッという電子音が鳴り響いた。
 女がシミの写真を撮った。まるで意味不明な行動だった。なぜそんなことをするのか。珍しい形のシミだからだろうか。
 木村さんは女の横を通り過ぎる時に、さり気なくスマートフォンの画面を確認した。間違いなくシミの写真だった。しかし、それを確認したからといって、女の行動を理解できるわけではなかった。不思議に思いながらも、木村さんは時間がないので会社へ急いだ。

 仕事を片付けて会社を出ると二十二時を過ぎていた。
 時間が遅いので地下道に人影はなかった。寿命が近い蛍光灯の明かりの中、木村さんの足音ばかりが響いていた。駅の方向へ歩いて行くと、やがて例のシミの前に差しかかった。女がそうしていたように、木村さんはシミの前に立った。スマートフォンのカメラを起動して構えた。
 深い意味はない。一日中、あの女の行動が引っかかっていた。だから、マネをしてみた。子供じみたバカげた話である。
 木村さんシャッターを切った。スマートフォンにシミの写真が保存された。見比べてみても、目の前にあるシミとなんら変わりない。
 当然の結果だ。あの女は街中の珍しい風景を撮っていたのだろう。そう思うことにした。

 帰りの電車、木村さんはゲームアプリで暇つぶしをしていた。三十分もすると暇つぶしに飽きてきた。ふと、先ほど撮った写真が気になった。ホームボタンを押して、画面を二回タップするとアルバムが開いた。
 シミが消えていた。いや、消えてはいない。消えていないが見えない。別のモノが浮かび上がって、シミを覆い隠している。
 それはスーツを着た男だった。目と口を閉じていて、表情がなかった。顔色が悪い。というより、血の気がない。生きているように見えなかった。
 木村さんは戸惑った。視線も親指も動かすことが出来なかった。どうすればいいか分からない。
 シミの上に浮かび上がっているのは、木村さん自身だった。
 なぜ自分が、という問いは無意味のように思えた。これはそういう類のモノではない。直感的に理解した。
 写真の中で、まぶたがピクピク痙攣した。
 写真なのに、動いている。
 そして、ゆっくり、まぶたが――。
 目が開く!
 木村さんはホームボタンを連打した。
 瞬間、画面がブラックアウトした。どれだけ触ってみても、なにも反応しなかった。
 二度とスマートフォンが起動することはなかった。
 
 現在、木村さんは通勤路を変更している。
 ただ、一度だけ部下と一緒に地下道を通った時、シミは木村さんの身体と同じ大きさになっていたという。

【夏休み特別企画】納涼フェスティバル参加。

novelcluster.hatenablog.jp


 参加します。二つか三つ書きます。
 2008年頃から毎年、てのひら怪談に出すために怪談を書いてたんですけど、最近は開催しなくなっちゃったんですよね。だから、怪談を書きたくてウズウズしてたので、怪談欲求を満たすべく参加。
 とりあえず、ディスクの奥底に眠ってた怪談を発掘したので手直ししてペタリ。確かどこかに出そうと思って書いてたんだけど、テーマが合わずに没になったやつ。


カナちゃん

 私は一人っ子だった。幼い頃、妹が欲しくてたまらない時期があり、毎日のように両親におねだりをしていた。七夕、クリスマス、初詣など、機会がある度にお願いしていた。しかし、妹が生まれることはなかった。
 仕方ないので、私は人形を妹代わりにしていた。お風呂で遊べる人形で、お湯をかけると髪の色が変わるのが特徴だった。私はカナちゃんと呼んでいた。お風呂に限らず、毎日遊んでいた。色々なことを話して聞かせたり、ごっこ遊びなどもした。両親が心配するほど、私はカナちゃんにのめりこんでいた。
 しかし、小学校へ入学すると、友達と遊ぶ機会が増え、妹の代わりは不要になっていった。カナちゃんはいつも遊んで欲しそうにしていたが、学年を重ねるにつれ、定期的に手入れをする以外、触ることもなくなった。それでも、カナちゃんは私が手入れする度に、嬉しそうに笑ってくれた。

 二十代最後の歳に私は結婚をした。式は色々な都合で先になるのだが、新居はすでに決まっていて、荷造りも済んでいた。
 引越しの前日、私は一日中家ですごしていた。生家に別れを告げるので、少し感傷的になっていた。夕食後、自分の部屋でごろごろしていると、カナちゃんと目があった。昔、妹代わりだった人形。私はカナちゃんと一緒にお風呂へ入った。
「私、結婚したんだ。明日、家を出るの」
 私は身体を洗いながら、カナちゃんに話しかけた。
 返事はなかったが、カナちゃんは私をじっと見ていた。一緒に行きたい、と訴えているようだった。
「ごめんね。連れていけないんだ」
 私はカナちゃんにシャワーをかけた。髪の毛が濃いピンク色に変わるはずだった。
 すうっと髪から色が抜け落ちた。真っ白になった。そして、シャワーの水流でカナちゃんの白髪が次々に抜けていった。すぐに髪の毛はなくなった。ハゲ頭になってしまった。
 私は悟った。もうカナちゃんはどこにもいない。
「ああ……ごめんね、カナちゃん……」
 私は抜け殻を胸に抱いて泣いた。

エージェントの仕事 【第7回】短編小説の集い

GWだし久しぶりに参加してみました。
お題は未来。2800文字ぐらい。novelcluster.hatenablog.jp


 山田はCIAのエージェントである。昔はうだつのあがらないサラリーマンをしていた。粗大ごみのような製品を売りつけて、詐欺師と罵られ客先へ謝罪に行く日々であった。ゴールのないドミノを延々と作り続けるような人生だった。
 転機は突然に訪れた。ある日、『自分はCIAのエージェントなのではないか』と気づいたのである。だから、山田はCIAのエージェントになった。そういう運命だった。
 現在、山田は電車に乗っていた。電車内で敵対組織に対する諜報活動をしている、はずだ。ターゲットはいかにもモテなさそうな男子大学生の二人組である。大学生らしい頭の悪そうな話をしているが、おそらく、あれはカモフラージュで、なにか重要な情報をやりとりをしているに違いない。それを暴くのが山田の任務だった。
 山田は手帳を手にとって、スケジュールを確認するふりをしながら、大学生の会話に注意を払った。
「小学校の頃、タイムカプセルってあったでしょ」
「あー、そんなのもあったね」
「俺さ、実はあの中にヤバイ物入れちゃって」
 タイムカプセルの中にヤバイ物を入れた。山田は聞き逃さなかった。
 間違いない。彼らは機密性の高いなにかを受け渡ししようとしている。彼らの会話を一語一句聞き逃してはならない。山田は気を引き締めた。
「ヤバイ物って?」
「好きな子の写真」
 軽薄そうな大学生が吹き出した。
 まさか、今のは誰かに合図を送ったのか。山田はさりげなく車内を見回す。不審者は見当たらなかった。
 合図ではないのか。それとも、CIAを欺くほどの高度なテクニックが用いられているのか。気を抜けない相手だ。しかし、自分が本気を出せる好敵手というのも悪くない。山田は内心喜んでいた。
「えー、なんでそんなの入れちゃったの? タイムカプセルってそういうのじゃないでしょ? 頭大丈夫?」
「うるさいな。あの頃はその子と結婚すると思ってたんだよ。だから、未来の嫁をさ、記念として……」
「イタタタタタ、ガキ特有の根拠のない思い込みだ。いやあ、恐ろしいね」
「うるさい。俺は純情だったんだ!」
 好きだった女の写真が入ったタイムカプセル。これをそのまま受け取るのは危険だろう。なにか意味があるはずだ。 
「で、最近それを思い出してさ、のたうち回るほど恥ずかしかったんだよ。だから、回収に行ったんだ」
「別にいいじゃん。そんなの放っておけば」
「誰かに見られたらどうするんだよ。耐えられなかったんだ」
 女の写真が入ったタイムカプセル。その情報を受け渡す。なぜそんな面倒な手段で渡すのか。そこにヒントがある。山田は目をつぶって思考に集中する。
 中学生の頃、よくミステリー小説を読んでいた。この手の問題は得意なはずだ。極秘裏に女の写真をやりとりする。手渡せばいいのに、そんな方法でわざわざ渡す。なぜか。それは、この情報のやりとりを知られてはいけないからだ。つまり、これは、
「暗殺だ!」
 山田は思わず声をあげてしまった。車内の注目が集まる。大学生も山田を見ている。
 まずい。やってしまった。ごまかさないと。CIAエージェントであることがバレてしまう。
「アンコサツマイモサンド食いたいなあ」
 そう言いながら、山田はお腹をさすった。すぐに車内の人々は自分の世界へ戻っていった。
 暗殺とアンコサツマイモサンド、どう考えても似ている。うまくごまかせただろう。CIAエージェントになるためには、これぐらいの機転の良さが必要なのだ。
「回収に行ったってどこに埋めたか覚えてるの?」
「そりゃ小学校の校庭だよ。どこに埋めたか印があるから迷わない」
「小学校へ穴掘に行ったの? うわっ、変質者だ。よく逮捕されなかったね」
「堂々としていれば、案外大丈夫なんだよ」
 小学校の校庭に暗殺を依頼する女の写真が埋まっている。この女というのは何者なのだろうか。なぜタイムカプセルに入れる必要があるのか。まてよ。タイムカプセル……。山田はその単語に引っかかりを感じた。
「そうか。そういうことか」
 タイムカプセルというのはタイムマシンを言い換えたのだ。つまり女は未来人だ。なんの目的があるのかは分からないが、この大学生は未来からやってきた女を暗殺しようとしている。そう。こいつらは大学生ではなく偽大学生なのだ。
「写真は見つかったの?」
「うん。タイムカプセルを発掘して、無事写真を発見した」
「ふぅん、回収したんだ。見せてよ」
「いや、回収していない」
「なんで?」
「なんかな、写真を見ていたら懐かしい気持ちになった。こういう痛いことをする俺も俺なんだって」
「感傷的になっちゃったんだ」
「まあな、だから回収はやめて戻しておいた」
 この偽大学生たちに未来人の女が殺されようとしている。CIAエージェントとして、いったいなにができるだろうか。山田は迷わなかった。すぐに答えは出た。
 助けるしかない。この邪悪な偽大学生から女を守るのだ。
 山田は立ち上がった。隣の座席に座っている、極悪非道な偽大学生二人組をにらみつけた。そして言った。
「私はCIAエージェントのヤマダだ! 貴様らの悪巧みは全部聞かせてもらったぞ!」
 二人は山田を見ただけで特に反応しなかった。軽薄そうな男が微笑んで言った。
「山田さん、もう着きますから座っていてください」
「なに! なぜ私の名前を!」
 山田は混乱した。なぜ名前が知られているのか。敵の組織はそこまで先回りをしていたのか。
「私たちもCIAのエージェントだからですよ」
「なんだと! なにを言っているっ!」
 そんなはずはない。そんなはずはない。CIAが私をハメていたというのか。
「CIAエージェントの田所と木村です。毎日顔を合わせてますよね?」
「お前たちなど知らん! なんで女を殺す計画を立てていた? 私は彼女を守らなければならんのだ!」
 電車が駅に着いた。
 三人にはまるで関心を示さず、乗客たちが次々と降りていく。
「着きましたよ。行きましょう、山田さん」
 山田は動かなかった。この男たちがなにを言っているのか分からなかった。
 田所と木村は顔を見合わせた後、山田を両脇から抱えた。連行するように電車から出た。
「山田さん、いつも言ってますが、CIAは殺人の調査なんてしませんからね」
「山田さん、日本でCIAはないと思いますよ。もうちょっと設定凝った方がいいんじゃないですか」
「山田さん、あなたの奥さんを殺した犯人はもうつかまって刑も確定しています。CIAになって調査することなんてなにもないんですよ」
「山田さん、もう脱走しないでくださいね」
 田所と木村は子供に諭すように言う。
「わ、わたしは、CIAエージェント、ヤマダだ」
 山田は言った。確信はなかった。だが、それでも言った。言わなければならないような気がしていた。
 田所と木村は、もう、なにも言わなかった。山田の脇をガッチリと固めて、どこかへ向かって歩き続けた。
 歩き続けた。未来はどこにも見えない。

(了)

増田(はてな匿名ダイアリー)を見やすくするChrome拡張を作ったんだけども

 この間、こんな感じの拡張を作るんだけど、って増田に書いても、まるで反応がなく需要がないみたいなので、(´・ω・`)としながら完全に自分用に作りました。というわけで、結果だけブログに貼ってきますん。

 f:id:aoi_tomoyuki:20141107231530p:plain

 一覧記事がこんな感じになります。
 
f:id:aoi_tomoyuki:20141107231712p:plain

 記事を展開するとこんな感じになります。

f:id:aoi_tomoyuki:20141107231951p:plain

で、オプションがこんな感じ。


 わからないことだらけで調べてる時間のほうが長かった。色々勉強になった上、いい仕事中の暇つぶしになった。